仕事と生活両方で役立つ

女の子

国際化社会において英語は仕事や生活で必要な言語となりました。小学生の時は脳の学習能力が非常に高いため、英語教材を上手に活用することで一生役に立つ言語を習得しやすいのです。小学生向けの英語教材が人気の理由もそこにあります。英語を習得することで大人になってから活躍の場も広げられるのです。

子どもの可能性を広げる

英語

遊びながら学ぶ

今や英語は小学生から学校で学ぶ時代となりました。それだけ未来の日本人に必要な力と考えられているのです。日本人の多くは中学校高校の6年間英語を学んでいます。英語は言葉です。机上で学ぶだけではなくコミュニケーションなど自ら発信することで得ることができるのです。現在教育現場では試験に合格するために学ぶのではなく実践的につかえる力を身につけさせようと授業の改革が進められています。その一例として外国人の講師の増員があげられます。小学生など成長過程の子ども達は好奇心旺盛です。そして見たものや聞いた音をどんどん吸収します。そのため基礎基本は正しくなければなりません。日本人教師の英語力向上も継続的に求められています。小学生などまだ小さなうちから英語の魅力を知り興味をもつことで将来的な苦手意識を取り除くことにも繋がります。外国人講師と英語で会話をすることは小学生くらいの子ども達にとってはとても楽しい遊びになります。もっともっと自分の気持ちを伝えたいと思うことが大切なのです。学校以外の場所でも英会話教室や自宅で学べる通信教育もあります。小学生未満の幼児や赤ちゃん向けの教材も販売されています。小学生から英語を学ぶには、子供の負担にならず楽しく学べる教材や教室を選ぶようにしましょう。英会話教室では、英語の歌やイラストを使った親しみやすい授業が多く取り入れられています。子どもの可能性を広げるためには苦手意識を持つ前に遊び感覚で英語を学ぶ機会を与えてあげると良いでしょう。

小学校に入学する前に

男の子

プリスクールは、小学校に入学する前の子どもを預かってくれるスクールで、英語を学ぶことができます。外国人の先生や外国籍の子どもたちと一緒に過ごすことで国際性あふれる教育をすることができます。月に10万円程度かかりますが、バスの送迎や昼食の用意などをしてくれるので共働きの家庭にも人気です。

幼児期に必須な教育

幼稚園

福岡市には、127園の幼稚園があります。市からの補助もあるので、私立や公立問わずに選択肢が広いです。体験入園や園庭開放などの機会に園を訪れ、子どもに合った幼稚園かどうかしっかりと見極めることが大切です。