小学校に入学する前に

男の子

英語を身につけるために

今の時代、子供の将来を考えると、英語教育が必要になっています。海外で活躍することはなくとも、パソコンを通じて世界とつながることができる現代だからこそ、英語を理解しておくことは大切です。言語を覚えるということは、大人になると難しいものですが、子どものうちなら土が水を吸い込むように自然に覚えることができます。ただ、子どもだからこそ、教育現場の雰囲気や質が重要になってきます。プリスクールとは、小学校入学前のこどもたちが英語を学ぶことができるスクールです。保育園や幼稚園のように昼の間子どもを預けておくことができるので、共働きしている家庭にも人気があります。また、小学校前から集団行動に慣れておくことができるので、実際に小学校へ通うことになっても心配がありません。平日に預けておくことができますが、週に5日だけでなく、1日でも受け入れてくれるところもあり、融通が利きやすいです。週5日預けるとなると月に10万円程度かかることもあります。プリスクールの多くは昼食を出してくれるので、朝にお弁当を作る手間を減らすことができます。また、バスで送り迎えをしてくれるプリスクールが多いですが、そのバスが家の前もしくは近くまで来てくれるかどうかを確認しておきます。プリスクールは外国人の先生がいて、英語に慣れ親しむことができますが、同時に乳幼児の面倒をきちんと見ることができなくてはなりません。なので、子供の成長に合わせたカリキュラムになっているのか、子どもがのびのびと過ごすことができる環境かどうかということは必ずチェックします。